非実在の王国で

山より軽く羽根より重い

戦わなくていいし、食べられなくていい

何だか元気がないのは、寒くなってきたからか先週行きそびれて何となく行きづらくなって病院に行っておらず、継続して飲まないといけない薬を飲んでいないからか、どちらか。

寝覚めは良いものの起きてから体が温まらず、冴えない感じで勤め先に行き、ぼけた体でひどい状態の便所をウワーッうんこ爆弾だーッなどと中くらいの声で叫びながら掃除し、帰ってきても体が温まらずメランコリックに身を炙られていたので、ここはもう、血が通うまで布団の中にいるべしいるべしと穴熊を決め込んでいたのが本日。
4000歩しか歩いてない。
ピクミンとおさんぽできてない。


ピクミンと戯れる日々が続いている。
私はピクミンのビジュアルが大層好きであるので、歩いては増やし、歩いては増やしするのが楽しく、毎日平均一万歩を歩き倒し、順調にレベルを上げている。
しかしピクミン。誰だかようわからん得体の知れない人間に、引っこ抜かれたからという理由だけで引き摺り回され、体より倍くらいでかい果物を往復8時間かけて取りに行かされたり、花をむしられては、はげた先端部分を悲しげにぴょこぴょこ揺らす哀愁漂う姿にされたりで全体的に不憫だ。
好物の甘いエキスにしたって、そのあと花びらを毟られることを考えると純然たる報酬とはいえない。
プレイするにつれピクミンに愛着が湧くと、その不憫さにたまらない気持ちが大きくなってくる。そしてピクミンたちをその不憫な境遇に追いやっているのは私だ。
なので、ピクミンたちの就労環境を改善すべく、エキスは全体に行き渡るように1日一回全体に行き渡るように配布すること、花びらをむしるのは日に一度、決して禿げさせて先端をぴょこぴょこさせないこと、遠方へのお使いは得意なものに任せることなどを取り決めて遊ぶことにしている。
ほんとは保養所を建てて、温泉とマッサージで日々の疲れをリフレッシュしてほしいがそんな機能はない。せめて純粋な報酬を与えられるようにならないだろうか。
私は本家のピクミンをプレイしたことがないので、あの有名な歌の通り戦わせたり投げつけたりして、挙げ句食べられるのを手をこまねいて見送ったりせずに済んでよかった。そんなの心がもたない。
きのこにぶつける頭突きはピクミンたちの怒りの現れかもしれない、どんどんやんなさいと思って送り出すが、帰ってきてまた健気にポストカードを差し出されると私はまた彼らをこき使ってしまったのかもしれないという思いが過ぎる。
良き雇用者になるには私はうしたらいいのだろうか。
現状、やれることが少なすぎる。
任天堂は早くピクミン星野リゾートに連れて行ける機能を実装してくれ。


しかし田舎だもんで、森のピクミンと水辺のピクミンばかりが増えていくのよ。
都会だともっとスポットがあるんでしょう?いいなあ。
あとやたらと美容院のピクミンが増えていくのは隣が美容院だからだと思ってたが、出身地見る限りほとんど別の店舗だ。美容院建ちすぎ。そんなバリエーションはいらないのよ。