非実在の王国で

山より軽く羽根より重い

久しぶりの繰り言

しばらく日記を書かなかったのは、忘れていたわけでも飽きたわけでもなく、ただひたすら書くことが見つからなかったからだ。
あまりに単調な生活をしていたため…と思ったが、なんだか方々に出かけているのに書くことがない。概ね頭を空にするための外出だからかもしれない。


書き始めたのはいいが、書くことができたわけでもない。
なんだか今日は一日具合が悪く、しかし万年床に横になり続ける気にもなれず、真面目に仕事をし、趣味の漫画を1ページやった。人間の生活をしている気がする。
明日も頑張れればいい。と思うが気候による気がする。
いい天気だといいですね。


もう40も近いので、色々なことを考える。
世間的には40なんてまだバリバリとやってる歳だというのはわかっているが、体質が本格的に変わり始めるのもこの辺りだろうという気がするのでなんとなし恐れる気持ちがある。
私は蒲柳の質であるため、ただでさえ年中具合が悪いのに、これに加えて更年期障害や純粋な体力、思考の衰えがやってくるのかと思うと、果たして生きていけるのだろうかと思ってしまう。(ただでさえ、これまでだって苦労していたのに!)
メンタル的な意味では年を経るにつれ生きやすくなっている手応えがあるが、反比例するようにフィジカル面では生きにくくなっていく。
30から35歳くらいの頃がバランスよかったかな。
あの頃よ今一度。

悲しいかな感性というものも衰えていくので、いつまでも自分の感性というものを信じ続けることもできない。というか出来なくなりつつある。いくらなんでも早すぎると思うが。
こう、日々いろんなものを摂取してアップデートを図っていくべきだと思うが、なにぶんハードが古い上、いかれているので新しいものをインストールできないという事実も日々判明していく。
人生とは斯様にままならないものであるか。

しかしそうなっても絵を描くことはやめない。絵を描くことを愛しているからだ。なんつって。嘘に決まってるじゃん。やらなくていいならやってないよこんなこと。
最近しみじみ思うが、私にとって絵を描くことの意味というのは、例えば若い頃であれば自己表現だったり、社会とつながるツールであったり、単純に金銭を得るための手段だった訳だけど、その全てが潰えた今、なぜまだ描いているのかと言われると、結局自分を慰撫したいからに他ならない。
描く作業は空虚な時間を埋める手段になるし、出来如何によってはかなり長い充足感を得られる。
三大欲求の次にくる欲求かも知らん。
人によってはそれが歌だったり手芸だったり、あるいはタバコやコーヒーであったりするのでしょうね。

最近は人からの評価も昔に比べると欲しくなくなったし、どんどん凪いだ海に近づいていく感触があり、私としてはまた一つ生きやすくなるなと思うけれど、これが表現者であれば死んだも同然なので、表現者じゃなくてよかったなと思う。
老境に至って尚精力的に表現を続けている巨匠と呼ばれる人たちは、何を情熱にすればそうすることが出来るのだろうな。
三大欲求の次どころか、三大欲求の上の純粋欲求として絵や音楽を据えているのかもしれない。
いいっすねえ。ワイにもあればなー。純粋欲求。
あったらあったで死ぬほど辛そうとも思うけど。
あれ、私は凪の海になりたいのに情熱にも憧れているのかしらん。自己矛盾やね。自己矛盾こそ人生や。
簡単に人生を語る奴は信用するな。


漫画は進まないし読みたい本は溜まっていくし、金より欲しいのは気力かもわからん。気力があれば金も稼げるしな。
元気があればなんでもできる。アントニオ猪木はええこと言うな。
せやん。元気こそ宝やで。
最初から取り留めなかったけど分解してきたのでそろそろやめる。
素波銀濤、清く安けく生きていかれたらいいですね。

アイリもベンツ乗ってたね

えろ絵を時々おんjとかに貼りにいっているという話を友達にしたら、「女体?」と訊かれたので「当たり前だろ」と返すと、「われわれの業界ではエロは女体とは限らない」というので、そらそうかもわからんがおんjなんかにそんなもん貼ったら叩かれるどころの話じゃ済まんぞと思い、つくづく文化には隔たりがあるということを感じる次第。
蛇足、最近はおんjにえろ絵貼りに行ってるとか大きい声で言わないほうがいいような気がしている。


なんか漫画が捗る。
つい昨日12ページ描き終わって、Twitterに投稿してやれやれ、と思ってひと息ついたけども、なんか小ネタを2ページ描きたいなと思ってカリカリやって、結局3ページさっき描き終わった。
3ページ漫画の中で、実在の商品のパッケージを模写したコマがあるのだけど、私はアニメなり漫画なりの中に、実在の商品諸々が組み込まれているのが好きだ。
というとそれは宣伝のためなんじゃないの?と言われたりもするが、違う、とあえて言い張りたい。(いや、そうであることも多々あるのだろうけども)

ファーストルパンが製作されるとなった時、大塚康生は「車という名前の車は無いし、時計という名前の時計もない。」といい、作中のそれらの小道具は実在のものを拝借して描かれたそうで、後にルパンがフィアットに乗っているのも多分そういうところから来ているのでしょうね、と思う。

そういえばフリクリにもそういう要素がある。ベスパやマミミのカメラが実在してるのはもちろんだけど、会話の中でデラべっぴんなどの単語が出てきたり、ナオ太の飲んでるジュースがフジヤのレモンスカッシュだったり、ニナモリが飲んでるのが大塚製薬のとんがらCだったり、多分キャラ付けもあるんだろうけど細かく仕込まれている。

酸っぱいのが嫌いと言いつつ大人のふりをしようとするナオ太が、マミ美に差し出されて飲もうとしたそのジュースの味を知ってると、もう一つ作品世界に没入するファクターになる。と思う。
あと実在のものを作品に取り入ることで、キャラ立ちってしやすくなることも、あるよな多分。オカリンのドクぺとかな。ああいうの好きなんやーて。

画面の中で、あるいは紙の中で、時間の間延びした居間に置いてあるお菓子がチョコリエールだったり、夏に個包装を開けたら中ですっかりぐにゃぐにゃになってるのがロッテのチョコパイだったりした時、記憶の中のテクスチャが想起され、シーンへの理解度が深まる感じが好きなんだろうか。
ただ、よくできたミニチュアを楽しむように、作品世界という異世界に、自分の知ってるものが配置されてるのが嬉しいという側面もありそう。


関係あるようなないような、しばらく前にアニメの世界の解像度みたいな話をしたんだけど、Re:CREATORSてアニメがありましたね。
あれはデザイナーが多数関わってたのか、架空のイラストSNSとか動画サイトとか、ありとあらゆるディティールに「アニメだから」で済まさない情報量を叩き込んでいたのが痛快だった。
具体的にあそこが!ここが!みたいな事が言えそうだし言いたいんだけど、何分見たのがかなり昔なので忘れているのでできない。
アマプラにあったら見直そう。


書いてて思ったのだけど、私は、四角形にポテトと描いただけのポテトチップを味気ないと感じすぎる体質なのかもしれない。
わかるはわかるよ、認識はできるよ。でもさあ…。
いや、常にそうだと情報がうるさいとか、そもそも作品にそぐわないという場合もあるっていうのはわかってはいるよ。
でもいろんなものがうまく噛み合って、光る瞬間は確かにあるので、私はそういう瞬間が好きなんだと思ってください。
好きなんや。
ウッス

目が見えてた時から?

あとり硅子という漫画家がいたことを思い出した。
いた、というのはもう随分前、34歳で夭折しているのだ。つくづく若くて才能のある人は死なないでほしい。
月刊ウィングスに読切を多数載せており、コミックスが出るたび食い入るように読んだものだった。
BLとまではいかない雰囲気の、少年の心情や機微を繊細な筆致で描くという、なるほど名の通り珪砂のように透明な作風であった。
もっともそればかりではなく、笑えるギャグも描ける方で多才な方だったのだな。
四ツ谷渋谷入谷雑司ヶ谷!!というギャグ漫画を描いてらしたのだけど、そういえばこれは私の想像するきららボーイズ的作品だわ)

で、もうこの人の作品を読んだのは17年前くらいが最後であり、作品の内容はほとんど覚えていなくて、ただただなにか繊細だけど温かいものを見たという、覚えていない夢の感触のようなものだけが残るばかりである。
引っ越す際に売らなきゃ良かったのだけど、なにぶん部屋が狭いものだから何かしら大事なものでも手放さざるを得なかったのだ。引っ越しはオタクにとって悪い文化だな。

で、懐かしいというには曖昧すぎるノスタルジーを感じ、そうじゃないだろと思いたち、いくらが古本屋で買い戻す事にした。
で、楽しみに待つ。

しかしもう40も手前、17年前の漫画を懐かしんで買い戻すとか、歳をとった実感がある。
これからこんなことが増えていくのかしらん。
ちゃんと新しいのも読みなね。


かげきしょうじょ!!のEDを配信で買う。
サブスクでいいかなーと思ってたけど、手持ちのプレイヤーに入れたくて、えいと。
で、3パターンあるうち、薫ちゃんの人の歌ってるパートがめちゃくちゃ良かった。人が想像する宝塚的なるもののイメージを反映している気がする。ビブラートが綺麗だし。
作中の関係性でカップリングされてるわけだから、言うのは野暮と思うけど、綾子ちゃんの声優さんと歌ってくれたら最高だったな。綾子ちゃんの歌もすごいね。よく伸びる声というのはああいうのを言うのでしょうね。

しょうもない話、多分若いオタクの子が「かげきしょうじょ!!はスタァライトのパクリ!」と息巻いてるのを見たのだけど、もしかして宝塚って若い子の間では知名度がないのだろうか。
伝統芸能みたいなみんな知ってるものだと思っていた。たとえ足を運んだ事がなくても。
私も一度くらいは見に行きたいなーと思ってるんだけど、なかなか敷居が高くて。
行くならハムレットがいいなやっぱり。月組がしてたんですって。あるいはやはりベルばらかしら。

さらにどうでもいい話、ベネディクト・カンバーバッチハムレットやってたよとYouTubeくんが教えてくれた。
あらーいいじゃないの。どういう設定かわからんけど、普通に黒いジャケット着てた。見るったって字幕が付かないとわからないだろうが、見てみたいわね。
いや、馬鹿みたいにハムレットを読んでいる私であるなら、場面の流れでだいたい何を言っているのかわかるのでは…?!そこに立ちはだかるQ版F版の存在。無理やわ。

またさらにどうでもいい話、宝塚→ベルばら→原作の連想なんだけど、オスカルとアンドレが一夜を共に過ごすシーン、盲目のアンドレがオスカルを抱き上げるのはいいんだけど、そのままベッドまで連れて行けるのは結構気色が悪いのではなかろうか。
オスカルのベッドがどこにあるか、目が見えずともどこに何歩歩けばいいか把握できてるて事でしょう?覚えてたの?目が見えてた時から?ウッワ!!!!


ほんまにしょうもない話をしてしまったな。
どうぞお忘れになって。
それではみなさま、ごきげんよう

私はあの時まさしく餓鬼であったと思う。

耐え難い、本当に発作的な空腹に耐えかねて、昨日はとうとうピザを食べてしまった。
おひとりさまピザが本当はいいのだけど、1500以上の注文しか配達してくれないので断念。一人でMサイズのピザを一息で食べた。
私はあの時まさしく餓鬼であったと思う。

餓鬼といえば、水で薄めた酒を売ったもの、薬と偽って虫の入った酒を売ったものがなる餓鬼があるのだけど、薄めた酒を売ったことによって落ちる地獄もあるし、薄めた酒を売るというのは、よほど重罪であったらしい。
現代では飲みやすくするためか、適当な度数に調整するためか、割り水で割った焼酎が売られているけれどもこれも罪になるのかしらん。
酒造会社の人たちが、揃って餓鬼になったら理不尽に思うだろうな。
ちなみに水が飲めなくなるらしい。

また餓鬼といえば、最近はなんとなく、Apple MusicでHIP HOPのプレイリストを聴いているのだけど、イントロを聴いて、オッ!となった曲を確認するといつも餓鬼レンジャーだ。
今まで意識していなかったが、私は餓鬼レンジャーが好きらしかった。


そういう感じで、どうもどうでもいいことしか書くことがない。
どうでもいいことしか書くことがないのに、無理やり書いているのは、具合が悪くて暇だから。
ほんとは買い物に行かないといけないのだけど、どうにも立ち上がれない。
2時になったら行く、3時になったら行く、そして今は4時になったら行くと心に決めたが、多分行かない。
いかないと食べるものがないのだけど。
睡眠というワープ技術で明日まで一っ飛びしてしまうのもいいが、それだと朝気持ち悪くて使い物にならないからな。
行かねば。ねばねば。ねばねば。
サムタイム・ネバー・カムズ。
意味合いが合ってるかは知らん。


かつて私がイラストレーターであった頃、だいたいいつも仔細なラフをいただき有難うございます!と言われていたのだけど、他の人のラフがいかばかりのものか見る機会があってははあと思う。
私はある程度仔細に描かないと、自分の絵がどんな絵か把握できないので細かく描いていたのだなという発見があった。
しかしこれの弊害は、ラフと完成した絵とであまり代わり映えがしないところだな。
ちゃんと線を整理したり、絵の辻褄を合わせたり調整しているのに遠目にはあまり変わらなくて、出す時不必要に気が引ける。悪いことしてるわけでもないのに。

とか言ってもう、ラフ描く予定もそれにフィードバックもらう予定もないのだけど。さみしい?いやそうでもない。オーライ。
イラストレーターでやっていけそうだったあの頃、あのボーナスステージは一体なんだったんだろうな。私の人生の最大の謎や。


昨日書いたっけ?これからはアイデアがない状態でにオリキャラを描くまいと決めたということ。
オリキャラでも、いい感じにアクが抜けてナチュラルに扱えるようになれば無味無臭なモチーフ扱いでいい感じに描けるけど、アクが抜け切らない、言い換えれば愛情が抜けきらない状態のオリキャラは頭をよしよしするように描いてしまうので、どうにも独りよがりで私しか楽しくない絵になってしまう。だめですね。
なんで、昨日今日は、アイデア先行で人物のために光景がある絵ではなく、光景のために人物がある絵と心がけて描いてみたけどやっぱりこっちの方が頭を使って絵を描いている感じがする。
そうぽんぽんアイデアなど出るものでもないが、とにかく頭を鍛えてみましょう。


愛情が抜けないオリキャラについては、漫画はなんでこの子らをよしよししたいのか、お話を通じてある程度説明できるような気がするので、私は今漫画を描くべきなのでは。
描きましょう。全然ネームが進まないけど。


で、やっと指が治りそうなので、版画にするための絵も考えないといけない。
ネオンピンクと紺色で刷るぞ。何かと言えば私はこの2色に頼り過ぎ。
という話もしたいけど、まあ今日はここまで。

溢れるはてなを止められなかった

週2日、2時間くらいのバイトをして、月2、3万収入を増やせないか夢想する。
2、3万あったらなー。夢が広がるよね。
それに適当な仕事ってなんすかね。接客以外で。
いつかお菓子工場で、延々マドレーヌを箱詰めするバイトをしたが、あれはよかった。没入、忘我できる仕事が私には合っている。
DM封筒に詰めてシール貼る仕事とかもしたい。
没入、忘我できる仕事だけで月々の暮らしが賄えればいいのにな。悲しいかなそういう仕事の給料は安い。
世に諸々の事情で就業が困難な人々は意外に溢れているので(私含め)、こういう仕事でも食っていけるようにするため最低賃金の底上げというものが必要になってくるのだな。
みんな選挙には行こうな。


これ続けてると発想の幅が狭まるのでは?ということに気付き、自作の漫画のキャラクターを、よほどいいアイデアが出た時以外描くのをやめようか、と思い立つ。
キャラクターの絵ってキャラクターの内面を知っているから輝くという側面が少なからずあると思うので、最悪読まれてないかもしれない自作の漫画のキャラクターを扱ってみてもつまらない絵にしかならないような気がする。
キャラクター先行ではなく、もうちょっと前みたいに、アイデア先行で描くのが良さそう。
軌道修正していこう。


消防設備点検が入り、部屋をチェックされる。
前回が台所のみのチェックだったので、今回もそうやろと思ってたらバッチリ部屋にまで入られた。
部屋に入られるとは思ってなかったので、布団は敷きっぱなしだし、本棚からは雪崩が起きてるし、洗濯物は取り込んだばかりの形で布団の上に投げ出されてるしで、そういうもんを知らない兄ちゃんとはいえ人に見せるのは相当な精神的負荷がかかった。
「大丈夫、そんな仕事に就いてる人はもっともひどい部屋を見てるから気にしないよ」という心休めになる理屈もないではないが、私はそれを欺瞞だと知っている。
なぜなら私は、以前スーパーに勤めていた際に、ケッタイな客が来るたび、それがどんなにありふれたケッタイな客でも、気になったし心の中で?????????と溢れるはてなを止められなかったからだ。
あるある事案に人は慣れるかと思いきや、結構慣れない。人によるかもしれないけど。
そんで私の部屋はあの時、十二分にケッタイであった。
部屋に入る前のにいちゃんの笑顔と、出てきた後のにいちゃんの笑顔が寸分違わなかったのが怖かった。


実家の売値を知って腰を抜かす。
どう考えても(多く見積もった)適正価格より500万ほど高い。
絶対リノベーションが必要な物件で、こーれはどう考えても売れねーべ。
値下げをしたらどうかと、叔父夫婦は兄に言ってるらしいがどうなるやら。
私としては適正価格でとっとと売れて、中古マンションに引きこもりたいのだけど。


今日はまた個人的なことしか書いてないな。
まあまあ。またまた。

まんがタイムきららボーイズ

今日も今日とてオッサンの目を逃れるべく、作業後帰れる時間になるまで最果てにある倉庫でFGOをやるわたくし。何をやっておるのだろうか。


今期はどうしても見るぞ枠が無職転生と王様ランキング、ゆるく見ていこう枠が吸血鬼すぐ死ぬと鬼滅の刃、様子見がサクガンと電池少女という感じ。
メガトン級ムサシと週末のワルキューレは早速貯めてしまっている。
盾の勇者の成り上がりは再放送と知らずノーマークにしてしまい後悔している。あれ面白いらしいですね。
あと境界線線ってどうなんだろう。気になるのに見てない。
来期、川尻こだまさんのアニメやるけど、こっちでは見られないことが確定している。悲しみ。

鬼滅の刃を見てると、提供がAUとかENEOSで本当に売れたんだなあとしみじみする。アニメの提供ってTOHOとかランティスとかブシロードとか一迅社とかじゃろ?いやそれが悪いという話じゃなくて。

どうでもいい話、ufotableのアニメを見てると屈折率が違うなーといつも思う。
なんていうか光を通している媒介が空気じゃない感じがするというか。
感覚的にはライティングされた水槽に近いかも。
背景のテクスチャもだけど、キャラクターの、あのグラデのかかった塗りも関係している気がする。

背景、これでもかというほど背景ですね。
凄い過剰だなーと思いつつキャラが浮いてないのが凄い。
ufotable、背景こんな過剰だったっけと思ってすぐ確認できるふぇぜろを見たけどやっぱりここまでじゃなかった。やはり金の力だろうか。金の力は偉大。金の力を必要としている現場は星とある。全ての現場に届け、金の力。

ufotableといえば活劇刀剣乱舞で、刀剣乱舞といえば刀剣乱舞花丸なんですが、あれもうやらないんでしょうか。
私は刀剣乱舞はミリしらなんですけども、お酒飲みながら忘我するのにすごいちょうどいいアニメだった。
女の子ゆるゆるアニメが毎期あるなら、男の子ゆるゆるアニメも毎期あってもいいのでは。
ツイステとかどうでしょう。今一番可能性あるのでは?これもミリしらだけど。
女の子ゆるゆるアニメはきららという原作の源泉があるけど、男の子ゆるゆるアニメはそういうのないからな。まんがタイムきららボーイズの登場が待たれる。
とか言うてなんとなくふと、男の子ゆるゆる4コマ漫画の需要ってもしかしてほぼないのでは?という気がした。きららボーイズがおらんのがそれを物語っている気がする。
男が群れてても可愛くないから?でも花丸とか文豪ストレイドッグスわん!とかあるやんな。
前提となるシリアスな物語があって、それを逸脱させるからええんやろか。そんな気がするな。
結論女は二次創作が大好き。
いやでもおそ松はウケたやんね…。

あっていうかヒプノシスマイクでやりましょうよ。
私はヒプノシスマイクが大好き。
属性の塊がゴロゴロおってみんなギャグ堕ちしてるからめっちゃやりやすいで。
そんで今度こそどついたれ本舗とBad Ass Templeを出して。
ヒプアニ最終回で絶対顔見せあると思ったのに無かったやんけ。黒田崇矢はバッチリ出てたのによう。
たのむ。一迅社

ダロワイヨ。

飲み物にハマるとあっという間に太る。
というわけでせっかく痩せたのに、プラス600gの増量。
スーパーで鶏肉約600g分を手に取ってため息をつく。
こんなに増えたわけ?


えろ絵非えろ絵問わず、その時一番平和そうなスレに絵を貼っては2レスくらいもらうという生活を始めて少しだけ経つ。
みんな名無しなので、レスが来やすくてうれしい。
なんだかんだで言葉の感想って嬉しいな。
この前は「可愛い絵なのにベタ塗りなのが惜しいンゴねえ」みたいなことを言われた。なんか無性に嬉しかった。
このまま続けていきたく思う。ホモソーシャルな場なので、間違っても場を荒らすことだけは避けねばならぬ。その辺あたり気をつけねば。
紀貫之もこんな気持ちだったんだろうか。


職場にてえらい歳の離れたおっさんに粉かけられて、非常に嫌な気持ちになっているのをおばさん二人くらいに報告する。
早々に引導を渡してやれと言われる。それもそうなんやけどな。
とはいえ人のいるところではおっさんも声はかけてこないし、二人になるのは嫌なので私が忍びの者のように姿を眩ましているので引導を渡すタイミングがない。
このまま接点がなくなって立ち消えにならんかな。

それかなんかでっかい嘘でもついて振り切るかやな。
バツ3ですねんていうのを最初に考えたが、そんなんゆうたら余計チョロいんちゃうんて思われかねへんし、死んだ姉の子供を養子にして育ててるのでそれどころやおへんゆーても同情買ったら逆効果やんか。
やっぱり宗教やろか。ここにはお布施稼ぎに来てますねん。あんたもどないです、説明会だけでも来てみはったら。目から鱗が落ちますえ。そういう感じのことを瞳孔の開き切った目で言うのはどうか。結構怖いと思うねんか。
乗ってこられたら困るな。

結局のところ正攻法で引導を渡すしかないのか。
怖いなあ。首とか絞められへんやろか。
冗談で言ってるようだが結構本気で思っている。
基本的に私は通りがかりの人間の善性を信じていない。
いつ何をするかわからん人間がそばに来るかわからん。そういう渡世や。
私はネズミ並みに神経質で臆病な人間やで用心しとくことに越したことあれへん。人間は概ね敵や。


えいちくしょう。なんもいいことないな。
かくなる上は自前でいいことを創出せねばなるまいよ。ダロワイヨ
もうこれいいやてアニメのBlu-ray売ってこないだのイヤホン買おか。
何売ろ。モブサイコ?3期おめでとうございます。楽しみだね。
どうでもいいけど月とライカと吸血姫、時々口内をやたらリアルに描くのなんなんでしょう。わたくし口腔恐怖症(そんなものがあるのか?)だもんで怖気が立ちますの。
それではごきげんよう